マレーシア就職・転職の可能性が高いのは、駐在員の求人を探すこと

マレーシアで働きたい場合、現地企業に直接雇用される方法と、日系企業から駐在員とし赴任する方法の2種類がある。どちらかといえば後者の方がチャンスも多く、現実的な選択肢となるだろう。

 

では日本からマレーシアに駐在員として赴任する場合にはどのような方法があるのだろうか。マレーシアに進出している企業に勤めている場合には異動願いを出すなど会社に積極的に働きかけるのが1番の近道だろう。ただ、転職・就職の形で駐在員としての採用を目指す場合にはまず求人情報を探す必要がある。その場合には最初から駐在員としての雇用を前提とした求人と、マレーシアへ進出しており、現地赴任の可能性がある求人の両方をチェックしておきたい。すぐにでもマレーシアで働きたい場合には前者の方がよいわけだが、より恵まれた環境で、あるいは規模の大きな企業で働きたい場合には後者を選んでチャンスが来るのを待つ、という選択肢もある。

 

業種選びも忘れてはならないポイントだ。現在、マレーシアに進出している日系企業の半分が製造業となっている。工業化による経済発展を果たした国だけに、当然だろう。ただ、近年では経済発展がもたらす国内市場の発展から小売業の進出も目指す。現地での営業職の求人も増えているのがポイントだ。この方面ではマネジメント経験者が優遇される傾向も見られる。

 

それからIT職。マレーシアではIT産業の振興を国を挙げて行っており、海外企業の誘致も積極的だ。就労ビザが他の業種に比べて取得しやすいといった恩恵もある。この分野で経験がある、あるいは今後キャリアを重ねていきたい人は狙い目となるだろう。

 

基本的にはどの業種であれ、経験者であることが前提条件となる。それも最低でも3年程度の実務経験が求められることが多い。何もスキルを備えていない、あるいはこれからビジネスマンとしてのキャリアをスタートさせる人には適していない選択肢となるだろう。まずは自分のスキルや経験を踏まえたうえで求人を探すところからはじめる必要がありそうだ。